くらし情報『乃木坂46の井上小百合、桜井玲香の最後の雄姿に感動「胸にくるものがあった」』

2019年9月3日 11:00

乃木坂46の井上小百合、桜井玲香の最後の雄姿に感動「胸にくるものがあった」

乃木坂46の井上小百合、桜井玲香の最後の雄姿に感動「胸にくるものがあった」

9月3~25日に東京・日比谷のシアタークリエで公演されるミュージカル『Little Women(リトル・ウィメン)-若草物語-』の囲み取材が2日、同所で行われ、朝夏まなと彩乃かなみ井上小百合(乃木坂46)、下村実生(フェアリーズ)が報道陣の取材に応じた。

2005年にブロードウェイで初演を行った本作。『若草物語』とその続編『続・若草物語』を下敷きに、慎ましい生活の中にも喜びを見出し、助け合って困難に立ち向かう四姉妹とその母、そして主人公のジョーが小説家になる夢を叶えるまでを、20曲余りのミュージカルナンバーで描く。

この日は四姉妹を演じたキャスト陣が登場。四姉妹の次女・ジョーを演じる主演の朝夏は「いよいよ始まるんだなと今実感しております。本当に細部にまで演出の小林香さんはじめ、スタッフの方々が若草物語の世界を表現してくださっているので、その中で役として演じきれたらなと今は思っているので盛り上がっていけたら」と気合十分。初舞台となる下村実生は「すごく大変で難しいと思うことばかりです。歌も普段の歌い方と違って何回も違うと言われ、お芝居も苦戦してますが、お姉さま方々にたくさんアドバイスをいただいています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.