くらし情報『声優初挑戦の吉沢亮、高校時代は黒かった? 「リア充の悪口を…」』

2019年9月17日 20:01

声優初挑戦の吉沢亮、高校時代は黒かった? 「リア充の悪口を…」

声優初挑戦の吉沢亮、高校時代は黒かった? 「リア充の悪口を…」

映画『空の青さを知る人よ』(10月11日公開)の完成披露試写会が17日に都内で行われ、吉沢亮吉岡里帆若山詩音松平健大地葉、落合福嗣、種﨑敦美、長井龍雪監督が登場した。

同作は、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』を世に送り出したアニメーションチーム・超平和バスターズ(長井龍雪・岡田麿里・田中将賀)の最新作。高校2年生になる相生あおい(声:若山詩音)は姉のあかね(声:吉岡里帆)とともに暮らしていたが、ある日姉の元カレである金室慎之介(声:吉沢亮)の高校生時代=しんのが13年前から現れ、恋をしてしまう。そんな中、31歳の慎之介とあかねは久しぶりの再会を果たそうとしていた。

声優に初挑戦した吉沢は、「『あの花』も『ここさけ』も元々ファンで。参加させていただけたのは光栄なことでもありつつ、作品の邪魔をしたらいけないなという気持ちがあった」とプレッシャーを振り返る。これに対して長井監督は「何をおっしゃる、という感じですね。堂々とメインを張っていただきまして」と絶賛。「すばらしいですね。嘘じゃなく素晴らしいので、期待しててもらって大丈夫です」とアピールした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.