くらし情報『吉高由里子&横浜流星、W主演! 盲目の女性とキックボクサーの純愛』

2019年10月1日 07:00

吉高由里子&横浜流星、W主演! 盲目の女性とキックボクサーの純愛

吉高由里子&横浜流星、W主演! 盲目の女性とキックボクサーの純愛

吉高由里子と横浜流星がW主演を務める映画『きみの瞳が問いかけている』(2020年秋公開)の製作が1日、明らかになった。

同作は喜劇王チャールズ・チャップリンが監督・脚本・主演を務めた『街の灯』にインスパイアされ、韓国で2011年に公開、130万人以上の観客動員数を記録した映画『ただ君だけ』を原作とした純愛映画。不慮の事故で視力と家族を失ったが、小さな楽しみを糧に明るく日々を送る明香里(吉高)と、将来を有望視されていたキックボクサーだったものの現在は心を閉ざした青年・篠崎塁(横浜)の物語を描く。

意外にも恋愛を主軸としたラブストーリーの出演は8年前に出演した『僕等がいた』以来という吉高は、前後篇で42億円を越える大ヒットを記録した同作のメガホンを取った三木孝浩監督と再タッグ。また空手の世界選手権の優勝経験者という異例の肩書を持つ横浜がキックボクサー役で身体能力の高さを発揮する。クランクインは10月中旬を予定している。
○吉高由里子さんコメント

今回、私が演じさせていただく「明香里」という役は、ある事故により視力を失ってしまった女性です。
脚本を読ませていただいたとき、目が見えなくなっても、明るく前向きに生きていこうとする彼女がすごく魅力的だなと感じました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.