くらし情報『新婚・水川あさみが“夫婦”語る「一番身近な他人。それぞれの形が個性」』

2019年10月29日 18:10

新婚・水川あさみが“夫婦”語る「一番身近な他人。それぞれの形が個性」

新婚・水川あさみが“夫婦”語る「一番身近な他人。それぞれの形が個性」

第32回東京国際映画祭のコンペティション部門に選出された映画『喜劇 愛妻物語』(2020年公開)の記者会見が29日、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催され、濱田岳、水川あさみ、足立紳監督が出席。俳優の窪田正孝と結婚した水川は、理想の夫婦について語った。

足立紳監督が自身初の自伝的小説『喜劇 愛妻物語』を原作に、自ら脚本・監督を務め映画化した本作は、売れない脚本家と、その夫を罵倒し続けながら家計を支える恐妻が繰り広げる夫婦賛歌。脚本家・豪太を濱田岳、その妻・チカを水川あさみがコミカルかつ熱く演じている。

水川は、理想の夫婦関係を聞かれると「それはなかなか難しい質問だなと思うんですけど」と悩みつつ、「夫婦は一番身近にいる他人な人。そういう人がそばにいて一緒に人生をともにする、すごく奇妙で面白いこと。だけどすごく素晴らしくて、それぞれの夫婦の形が素晴らしい個性なのかなと思います」と答え、「この映画を通じてもいろんな在り方があるんだなと、それが素敵なことなんだと伝わるとうれしいです」と語った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.