くらし情報『Creepy Nuts、山里&若林『たりないふたり』ライブ楽曲書き下ろし』

2019年11月1日 10:04

Creepy Nuts、山里&若林『たりないふたり』ライブ楽曲書き下ろし

Creepy Nuts、山里&若林『たりないふたり』ライブ楽曲書き下ろし

お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太とオードリーの若林正恭によるライブ『さよなら たりないふたり ~みなとみらいであいましょう~』(11月3日、横浜ランドマークタワーホール)で使用される楽曲を、音楽ユニット・Creepy Nutsが書き下ろした。

Creepy Nutsは2012年と14年に日本テレビ系で放送された『たりないふたり』のファンだったことから、15年に「たりないふたり」という曲を制作し、16年にリリース。そこで今回、5年ぶりに『たりないふたり』のライブを行うにあたり、スタッフからCreepy Nutsに正式に楽曲の制作をオファーしたところ、快諾された。

曲のタイトルは「たりないふたり さよなら ver」。ライブ中のどこかで使用するが、現時点で配信・リリースなどは予定されていない。

このオファーに大喜びだった2人はレコーディング前から「だいぶ胸アツです!」(DJ松永)、「『たりないふたり』に対しての曲は突き詰めれば、超アツい曲になる!」(R-指定)とノリノリ。

レコーディングを終えると、「原曲からガラリと変わった一曲! 一から書き直して作ったけど良いものに仕上がりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.