くらし情報『山崎まさよし、北村匠海に太鼓判「すごく堂々としていた」』

2019年11月1日 11:00

山崎まさよし、北村匠海に太鼓判「すごく堂々としていた」

山崎まさよし、北村匠海に太鼓判「すごく堂々としていた」

11月15日公開の映画『影踏み』のプレミア先行上映会が10月31日、都内で行われ、主演の山崎まさよしをはじめ、尾野真千子北村匠海中村ゆり滝藤賢一鶴見辰吾大竹しのぶ篠原哲雄監督が出席した。

『64-ロクヨン-』や『クライマーズ・ハイ』などで知られるミステリー作家の横山秀夫が描いた『影踏み』を、14年ぶりに映画主演となる山崎まさよしが主人公を演じた本作。深夜に寝静まった民家を狙い現金を盗み出す忍び込みのプロ"ノビ師"という孤高の泥棒役を山崎まさよしが熱演している。

久しぶりに主演を務めた山崎は「本当に大役ですし、共演者の皆さんがすごいので、できるだけ失礼のないようにと心掛けていましたが、皆さん優しくて感動しながら現場にいました」と共演者に感謝の言葉。そんな山崎の魅力を大竹が「ふにゃふにゃな感じで優しいですね。初めて隣に立った時、立っただけで優しい人なんだと分かるんです」とあげ、北村も「優しいですよ。今回の撮影では僕が1人でホテルにいることが多く、夜に"コンコン"とノックして『一杯どうや?』と誘ってくれたのがまさよしさん。本当に助けられました」と山崎の気遣いに感謝した。

劇中で山崎が演じた真壁修一は、深夜に寝静まった民家を狙い現金を盗み出す忍び込みのプロ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.