くらし情報『眞鍋かをり、横浜流星にうっとり「美しすぎて現実なのか…」』

2019年11月13日 23:12

眞鍋かをり、横浜流星にうっとり「美しすぎて現実なのか…」

眞鍋かをり、横浜流星にうっとり「美しすぎて現実なのか…」

俳優の横浜流星が、「2019 第32回 小学館 DIMEトレンド大賞」のベストキャラクター賞に選出され13日、都内で行われた発表・贈賞式に出席。プレゼンターを務めたタレントの眞鍋かをりは、「美しすぎる」と横浜にうっとりしていた。

同アワードは、ビジネスからエンターテインメントまで幅広いジャンルにわたり、その年のトレンドとなった注目商品やヒット商品・サービスなどを贈賞するもの。32回目となる今回、雑誌『DIME』およびWEBマガジン『@DIME(アットダイム)』で読者からの投票を募り、その結果をもとに編集部と選考委員(小山薫堂、眞鍋かをり安田典人DIME編集室長)が協議を行って決定した。

横浜は今年、TBS系ドラマ『初めて恋をした日に読む話』でピンク色の髪が印象的な“ゆりゆり”こと由利匡平を演じてブレイクし、さまざまな作品に出演。最も輝かしい活躍をおさめ、多くの人々の支持を集めた人に贈られるベストキャラクター賞を受賞した。

ステージでは、選考委員を務めた眞鍋がプレゼンターとして横浜にトロフィーを授与。横浜は「素敵な賞をいただけて光栄に思います」と喜び、「自分にとってターニングポイントになった年でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.