くらし情報『岡村隆史、チーフマネから契約問題迫られるも保留に 石原さとみ「私は給料制」』

2019年11月22日 13:37

岡村隆史、チーフマネから契約問題迫られるも保留に 石原さとみ「私は給料制」

岡村隆史、チーフマネから契約問題迫られるも保留に 石原さとみ「私は給料制」

映画『決算!忠臣蔵』(11月22日公開)の公開初日舞台挨拶が22日に都内で行われ、堤真一岡村隆史濱田岳横山裕石原さとみ橋本良亮(A.B.C-Z)、寺脇康文中村義洋監督が登場した。

同作は山本博文による『「忠臣蔵」の決算書』をもとに実写化。赤穂藩藩主・浅野内匠頭の切腹とお家断絶により、筆頭家老・大石内蔵助(堤)は、勘定方・矢頭長助(岡村)の力を借り、リストラに励む。さらに、江戸の庶民による討入りの期待を受けるが、討入りするには9,500万の予算が必要だった。

作品タイトルに合わせ「今年中に決算したいこと」を聞かれた岡村は、「契約問題ですね。ずるずる引き延ばしになっておりました。エージェント契約なのか、はたまた専属契約なのか。それとも今まで通りなのか」と、吉本興業の契約問題に切り込む。「先日、チーフマネージャーからペンを渡されて『書け』と言われたので、保留にいたしました」と明かし、客席も騒然とした。

堤は「絶対記事になるなそれ」と感心し、岡村は「若干狙いました」と告白する。横山から「今年中にするんですか?」と聞かれると、岡村は「ちょっと、ずれ込むかなあと言う感じも。まだ周りの方がどれくらいなのかわかってないものですから。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.