くらし情報『櫻井翔、「今年最も怒りをコントロールした人」1位に 会見で冷静沈着』

2019年12月11日 04:00

櫻井翔、「今年最も怒りをコントロールした人」1位に 会見で冷静沈着

櫻井翔、「今年最も怒りをコントロールした人」1位に 会見で冷静沈着

第5回「アンガーマネジメント大賞2019」の結果が11日に発表され、嵐の櫻井翔が「今年上手に怒りの感情をコントロール・対応した有名人」の1位に選ばれた。

怒りの感情をコントロールするための心理トレーニング「アンガーマネジメント」の普及を目的に、一般社団法人日本アンガーマネジメント協会が毎年行っている企画。協会のメールマガジンで、2018年11月から2019年11月の間に注目された人物・事件・事柄を募集し、上位に挙げられた回答の中から協会公認のアンガーマネジメント講師266人が各設問に投票した。

櫻井は今年1月、嵐が2020年12月31日に活動休止することを発表した会見で、記者から「『無責任じゃないか』という指摘もあると思う」と投げ掛けられ、「無責任かというご指摘に関しましては、およそ2年近くの期間をかけて感謝の思いを伝えていく期間を設定した。これは我々の誠意です。なのでそれが届くようにこれからもたくさんの言葉をお伝えし、たくさんのパフォーマンスを見てもらい、その姿勢と行動をもってそれが無責任かどうか判断いただけたらと思っています」と冷静沈着に応答したことが評価の対象になったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.