くらし情報『”ゆっくりお金を殖やす” - 投資信託の新カテゴリー『スローファンド』とは?』

2012年2月14日 10:45

”ゆっくりお金を殖やす” - 投資信託の新カテゴリー『スローファンド』とは?

”ゆっくりお金を殖やす” - 投資信託の新カテゴリー『スローファンド』とは?
銀行預金の金利は現在、1年ものの定期預金でわずか0.025%。

これでは、お金が殖えるどころか、ATMの時間外手数料でマイナスになってしまいます。

お金を殖やそうと思ったら、預金以外の金融商品に投資して資産を運用しなければなりません。

資産運用の中心となる金融商品は、投資信託でしょう。

投資信託は、それぞれのファンドが多数の株や債券に分散投資しているので、株や債券そのものを買うより値動きが小さく、価格がゼロになるリスクがありません。

投資の対象や運用の手法によって種類はさまざまで、リスクも高いものから低いものまであるので、自分に合ったファンドを選ぶことができます。

何よりも、最低1万円前後から買えるので、若い人でも手軽に投資できるのがメリットです。

とはいえ、投資信託は元本が保証されているものではないし、値動きが抑えられているといっても、価格の上がり下がりはあるので、買うタイミングによっては大きな損失が生じることもあります。

特にリーマン・ショック後、世界中の株や債券の値動きが大きくなり、円高が続いていることもあって、持っているファンドが全部値下がりしていて、どうしていいかわからないという人もたくさんいるようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.