くらし情報『首都圏と近畿圏の”へそくり額”比較 - 夫の平均額は大きな差、妻では僅差に』

2012年2月23日 19:45

首都圏と近畿圏の”へそくり額”比較 - 夫の平均額は大きな差、妻では僅差に

首都圏と近畿圏の”へそくり額”比較 - 夫の平均額は大きな差、妻では僅差に
オリックス銀行は22日、20歳以上の既婚男女を対象に実施した「へそくり」に関する調査結果を発表した。

同調査は、2011年12月14日~15日の期間に行われ、全国の男女2,091名(男性927名、女性1,119名)から有効回答を得た。

それによると、へそくりをしている割合は夫が64.3%、妻が69.3%。

へそくりを始めたきっかけは、夫婦ともに「自分のため」(夫53.7%、妻50.6%)が最も多かったのに対し、「配偶者のため」は夫が5番目(14.6%)、妻は7番目(9.9%)と夫婦間で差がみられた。

夫婦それぞれのへそくり額について家計の管理者別に聞いたところ、夫婦ともに家計を管理している方が金額は多いことが判明。

一方、共同管理の場合は夫が平均59万4,167円、妻が同209万351円となり、妻のへそくり額が夫より約150万円も多くなった。

年代別にみてみると、30代夫のへそくり額が平均46万3,158円で最も少なく、ほかの世代と比べて2倍近く差がある結果に。

それに対して、30代妻は同123万8,221円と30代夫より2.5倍以上も多い金額となった。

さらに、20代を除いたすべての世代で夫よりも妻のへそくり額が大きいことも分かった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.