くらし情報『桜の開花日を当てると特別金利! 池田泉州銀行が『花咲か定期預金』13日発売』

2012年2月10日 16:46

桜の開花日を当てると特別金利! 池田泉州銀行が『花咲か定期預金』13日発売

桜の開花日を当てると特別金利! 池田泉州銀行が『花咲か定期預金』13日発売
池田泉州銀行は13日、桜の開花日を予想して、一致した場合に特別金利をプレゼントする「花咲か定期預金」を発売する。

発売期間は3月16日まで。

同商品は、申込の際に気象庁(大阪管区気象台)が発表する大阪府の桜の開花日を予想し、開花日が予想日と一致した場合に特別金利を贈呈する。

預入期間は1年で、初めの6カ月間の金利は「年0.039(さく=咲く)%」を適用し、7カ月目から6カ月間の金利は、予想日と開花日が一致した場合が「年0.87(はな=花)%」、開花日の前後1日の場合は「前後賞」として「年0.39%)、一致しなかった場合は「年0.039%」を適用する。

対象は個人顧客のみで、預入金額は30万円以上1,000万円未満。

定期預金の種類は「スーパー定期」「スーパー定期300 6カ月もの」の2種類。

取扱いは同行全店(ダイレクト支店・インターネット支店を除く)窓口にて行う。

桜の開花日とは、標本木で5~6輪以上の花が咲いた最初の日を指す。

大阪府の標本木は、大阪管区気象台が指定した大阪城西の丸庭園内にあるソメイヨシノ。

過去の開花日は、2011年が3月31日、2010年が3月21日、2009年が3月24日。

【拡大画像を含む完全版はこちら】

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.