くらし情報『トヨタ「86」発表会 - レーシングドライバー4名が語ったハチロクの”本音” (1) 「86」は「現在と未来をつなぐ架け橋になる」』

2012年2月7日 08:46

トヨタ「86」発表会 - レーシングドライバー4名が語ったハチロクの”本音” (1) 「86」は「現在と未来をつなぐ架け橋になる」

トヨタ「86」発表会 - レーシングドライバー4名が語ったハチロクの”本音” (1) 「86」は「現在と未来をつなぐ架け橋になる」
千葉・幕張にて開催された、トヨタ自動車の「86 Opening Gala Party」。
同社代表取締役社長・豊田章男氏による「86」(ハチロク)のお披露目に続いて、86チーフエンジニアの多田哲哉氏、レーサーの飯田章氏、脇坂寿一氏、影山正彦氏、そしてレーシングドライバー”モリゾウ”氏(豊田氏)を交えて、4名のドライバーによる本音インプレッショントークセッションが行われた。
最初の話題は、モリゾウ氏のドライビングについて。
同氏の走行シーンのビデオが上映された。
影山氏はモリゾウ氏のダート走行に同行したという。
影山氏自身も「86」の初体験だったことを明かし、意外にも、「舗装路とダートを乗り比べてみたら、ダートでもロードと同じようなダイレクト感があった。
ロードとまったく同じように動く。
粘りのあるフリック感があって、扱いやすさに差がなかった」と語った。
「86」の扱いやすさとはどんな感覚かという問いに対して、モリゾウ氏は「本当にすぐ乗りこなせる、素直なクルマ。
乗ってすぐ対話が始まって、『じゃあまたね』で終われなくて、いつまでも一緒に遊んでいたい。
楽しい車でした」映像を観た脇坂氏は「社長の子供のような楽しい顔がいい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.