くらし情報『「患者誤認の経験」を調査、医師の半数近くは経験なし-MedPeer』

2012年4月12日 13:45

「患者誤認の経験」を調査、医師の半数近くは経験なし-MedPeer

「患者誤認の経験」を調査、医師の半数近くは経験なし-MedPeer
メドピアは、同社が運営する医師コミュニティサイト「MedPeer」にて、会員医師を対象に「患者誤認の経験はありますか?」と問う調査を実施した。

調査手法は「ポスティング調査」と呼ばれるオープン回答型のインターネットリサーチで、調査期間は3月5日~3月11日、有効回答数は 2,658件。

「患者誤認の経験はありますか?」という問いに対して、47%が「一度もない」と回答した。

「同姓同名の方はPC画面にアラートがでる」「タイムアウトを励行している」「長く来ている人が多く、顔と病名をだいたい把握している」というコメントがあった。

「年に一度くらいある(複数回経験している)」は27%。

最も多いのは、違う患者が間違って診察室に入ってくることで、高齢者、認知症や難聴の患者、兄弟姉妹、双子、同姓同名などが多い。

患者の勘違いや認知度もあるので、「フルネームで呼んでも完全には防げない」という意見も。

誤認を防ぐための対策は、「患者さん自身に名乗ってもらう」「電子カルテに顔写真を張り込む」など。

また、電子カルテの場合、「複数の患者の画面を同時に表示しない」ことで誤入力を回避している。

「MedPeer」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.