くらし情報『日本全国鉄道名所探訪 (1) 紀州鉄道西御坊駅 - 「まるで時が止まったかのような」終着駅』

2012年5月4日 08:45

日本全国鉄道名所探訪 (1) 紀州鉄道西御坊駅 - 「まるで時が止まったかのような」終着駅

日本全国鉄道名所探訪 (1) 紀州鉄道西御坊駅 - 「まるで時が止まったかのような」終着駅
鉄道ファンでなくても、列車での旅に魅力を感じる人は多いでしょう。

国内だけを見ても、美しい木造駅舎の駅、秘境の無人駅、風光明媚な景観が楽しめる鉄道撮影地など、数多くの名所があります。

当連載では駅や鉄道撮影地をはじめ、旅の目的地にもなりうる鉄道名所を紹介します。

今回紹介するのは紀州鉄道の西御坊駅。

紀勢本線(きのくに線)御坊駅から延びる2.7kmのローカル私鉄の終着駅です。

写真を見てぜひ一度行きたいと思い、数年前に訪問しました。

西御坊駅の駅舎は昭和の雰囲気を残す古い民家風の建物で、屋根が波打っていました。

ホームも短く、終着駅といっても線路は1本しかありません。

写真で見るだけでも強いインパクトを与える駅ですが、実際に見たときの衝撃はそれ以上。

レトロなものに対して使われる「まるで時が止まったかのような……」の表現が、これほどぴたりと当てはまる駅があっただろうか。

そんな印象でした。

紀州鉄道の前身、御坊臨港鉄道が設立されたのは1928(昭和3)年だそう。

その後、御坊駅から市街地を経て日高川河口付近まで線路が敷設され、以来、市民の足として長く活躍を続けています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.