くらし情報『ついに口内も高齢化!? フィリップスが、「お口の老化と歯間ケア」を調査』

2012年5月18日 15:54

ついに口内も高齢化!? フィリップスが、「お口の老化と歯間ケア」を調査

ついに口内も高齢化!? フィリップスが、「お口の老化と歯間ケア」を調査
フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、全国の20~60代の男女計1,030人を対象に、歯科医監修による”お口の老化チェックリスト”を用いた「お口の老化と歯間ケアに関する調査」を実施。

20代、30代の半数近くは、老化が進行している口腔状態であり、若年層からすでに口内の高齢化がはじまっている現状が明らかになった同調査では、歯肉炎が進行して口内の老化が始まっている可能性の高い「口内老化注意報(56.9%)」に該当する人が最も多く、次いで、初期の歯周病で口の老化が進行している「口内老化警報(38.6%)」、歯周病が進行している「お口の末期症状(4.2%)」という結果になった。

世代別では、上記の口腔状態に該当する人が最も多かったのは「20代(48.6%)」と「30代(48.1%)」で、「40代(44.2%)」、「50代(43.7%)」、「60代(31.1%)」と年代が高くなるほど該当者数が少ない傾向にあった。

若年層ほど口内の老化が進行し、深刻な口腔状態にあることがうかがえる。

また、口腔内の悩みについての質問では、全体の7割近くの人が「ある(67.3%)」と回答。

最も多かったのは「食べ物などが詰まりやすい(55.4%)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.