くらし情報『日本人女性の平均寿命85.90歳、世界2位に転落--震災や”20代女性の自殺増”で』

2012年7月27日 15:46

日本人女性の平均寿命85.90歳、世界2位に転落--震災や”20代女性の自殺増”で

日本人女性の平均寿命85.90歳、世界2位に転落--震災や”20代女性の自殺増”で
厚生労働省は26日、日本人の平均寿命などをとりまとめた「2011年(平成23年)簡易生命表」を発表した。

それによると、2011年の日本人の平均寿命は、女性が85.90歳、男性が79.44歳で、男女ともに前年を下回ったことが分かった。

平均寿命は、その年に生まれた0歳の子どもが平均で何年生きられるかを予測した数値。

2011年の数値を前年と比較すると、女性は0.40歳、男性は0.11歳下回っており、初めて男女ともに2年連続で下がる結果となった。

特に、女性は1985年以来長寿世界一の座を守り続けていたが、今回香港(86.7歳)に抜かれ、2位に転落。

男性の1位も香港(80.5歳)となっている。

厚生労働省はこの結果について、東日本大震災の影響が大きいと分析。

震災による死因を除いた場合の平均寿命は、男性が0.26歳延びた79.70歳、女性が0.34歳延びた86.24歳となり、男性は前年を0.15歳上回るほか、女性はほぼ前年並みとなるという。

このほか、肺炎などの死亡率の上昇や、20代女性の自殺率の増加が平均寿命を押し下げたと考えられる。

世界各国の順位を見ると、男性は、1位香港(80.5歳)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.