くらし情報『「感情豊かに表現」で英語コミュニケーションがスムーズに - 安藤美姫インタビュー』

2012年8月31日 16:31

「感情豊かに表現」で英語コミュニケーションがスムーズに - 安藤美姫インタビュー

「感情豊かに表現」で英語コミュニケーションがスムーズに - 安藤美姫インタビュー
フィギュアスケート安藤美姫さんが海外に拠点を移したのは2005年のこと。

最初は英語に苦手意識があり、海外生活にも抵抗があったそうですが、今では、記者会見も通訳なしで受け答えするまでに英語が上達し、むしろ、海外の方が過ごしやすいと言います。

そんな安藤さんに生きた英語を身につけるコツや、英語の魅力について伺いました。

■世界のトップスケーターとして英会話能力は必須――英語を勉強しようと思ったきっかけを教えてください。

2006年、ニコライ・モロゾフコーチに師事したときにすすめられたのがきっかけですね。

「会見で通訳をつけているのは日本人くらい。

世界で活躍するトップスケーターとして、英語くらいは話せないと恥ずかしい。

それに、視野を広げるという意味でも話せたほうがいい」と言われたんです。

その前の年に拠点をアメリカに移していたんですが、友達もいないし、英語も話せないし……、正直とても苦痛で、ホームシックにもなりました。

あのころは、レストランに行っても、いつも同じものばかり頼んでいましたね。

発音もうまくできないし、言っていることが通じなくて、恥ずかしかったり、悲しい思いをしたりしました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.