くらし情報『読モの9割「これからも飲み続けたい」 -「超硬水」の調査「超硬水ナビ」で公開』

2012年8月21日 16:16

読モの9割「これからも飲み続けたい」 -「超硬水」の調査「超硬水ナビ」で公開

読モの9割「これからも飲み続けたい」 -「超硬水」の調査「超硬水ナビ」で公開
硬水の日本での普及活動や、Webサイト「超硬水ナビ」を運営する硬水推進委員会は、8月21日に「超硬水ナビ」の第2弾コンテンツを更新した。

コンテンツの更新に伴い、読者モデル50名を対象に、3月24日~26日にかけて「超硬水」に関するアンケートを行なった。

調査は、読者モデル50人に、モニターとして実際に2週間の間に超硬水のミネラルウォーター「HEPAR」12本(1本1リットル)を飲んでもらい、その後にインターネットアンケートを実施。

その結果、6割以上が「飲みやすい」と評価し、9割以上が継続飲用意向を示した。

ミネラルウォーターには「硬水」と「軟水」が存在し、日本の水は基本的に「軟水」となっている。

「軟水」と「硬水」の違いは、水1リットルの中に溶け込んでいるカルシウムとマグネシウムの合計量を数値化した「硬度」の差で決まる。

日本では一般的に、その数値が178mg未満を「軟水」、178mg以上357mg未満を「中間水」、357mg以上を「硬水」と呼ぶ。

「硬水」の中でも硬度が1,000mg/L以上のものは「超硬水」と呼ばれる。

硬度が高い水が採水されることが多いヨーロッパでは、「超硬水」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.