くらし情報『海外牛丼事情 (3) タイ「吉野家」、二度目の進出』

2012年10月19日 13:09

海外牛丼事情 (3) タイ「吉野家」、二度目の進出

海外牛丼事情 (3) タイ「吉野家」、二度目の進出
和食のファストフード、牛丼。

海外にも牛丼専門店が数多くあるが、それは、日本とはちょっと異なる点も多いのだった。

今回は1回目、2回目に引き続きタイ・バンコクの牛丼店を紹介する。

牛丼界きっての老舗であり、牛丼をファストフードの位置に定着させた立役者といえばこの「吉野家」。

1990年代に「吉野家」がバンコクに登場し、数年後には姿を消したことはタイ在住者には周知のことなので、昨年8月に「タイ1号店」をオープンしたとき、「おっ? 」という驚きをもって迎えられた。

現在では複数店舗展開しており、昨年12月にオープンした高級ショッピングモール「ターミナル21」4階にも出店している。

周囲にはカレーうどんの「古奈屋」など日本の外食チェーンが何軒も並んでおり、タイ人に大人気のフロアとなっているが、「吉野家」の前にももちろんちゃんと行列ができていた。

店内にはカウンター席はなく、テーブル席のみで広々。

席まで案内があり、メニューを渡される。

なんとなくファミレス風である。

客層はタイ人、日本人半々といったところか。

ここでは牛丼はマストとして、「牛焼肉丼」や「豚天丼」をチョイス。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.