くらし情報『宮崎県「お菓子の日高」の強烈スイーツに、思わず「なんじゃこら!」』

2012年10月2日 12:26

宮崎県「お菓子の日高」の強烈スイーツに、思わず「なんじゃこら!」

宮崎県「お菓子の日高」の強烈スイーツに、思わず「なんじゃこら!」
テレビなどで度々紹介され、今や宮崎土産として有名になった「なんじゃこら大福」。

製造元の「お菓子の日高」を訪ねてみると、大福のみならずユニークな菓子がいっぱいあった。

このお店、なんじゃこりゃ。

宮崎市中心部を南北に走る橘通り。

デパートをはじめ、商店やレストラン、ホテルなどが立ち並ぶメインストリートだ。

その通りの南部に本店を構える「お菓子の日高」は、昭和26年(1951年)創業。

宮崎では老舗の菓子店である。

店内には冷蔵のショーケースがどーんと置かれ、中には看板商品の「なんじゃこら大福」をはじめ、様々な和菓子やケーキがところ狭しと並んでいる。

お店の方に話をうかがうと、定番商品で30種、季節ごとに変わるショートケーキやゼリーを加えると100種以上はあるという。

「なんじゃこら大福」を知らない方に説明しておくと、大きさは女性のげんこつくらい。

まずはその大きさに驚くだろう。

大福の中には、たっぷりの粒あんと大粒のクリ、イチゴ、そしてクリームチーズが詰まっており、けっこう重みがある。

ひと口食べてみると、求肥(ぎゅうひ)がきめ細かくとてもやわらか。

粒あんの甘さとイチゴの甘酸っぱさ、クリのホクホク感、クリームチーズのコクがベストマッチしている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.