くらし情報『「お金」に興味を持つという事 - セゾン投信・中野社長の半生記 (21) 社内異動で再び窮地--今度も澤上氏から激励「俺はお前と仕事をするんだ!」』

2012年11月6日 10:37

「お金」に興味を持つという事 - セゾン投信・中野社長の半生記 (21) 社内異動で再び窮地--今度も澤上氏から激励「俺はお前と仕事をするんだ!」

「お金」に興味を持つという事 - セゾン投信・中野社長の半生記 (21) 社内異動で再び窮地--今度も澤上氏から激励「俺はお前と仕事をするんだ!」
セゾン投信の金融庁への認可申請作業は粛々と続けられていました。

新たな投信会社の運営に足るスタッフ集めも始めて、人づての紹介などを通じて徐々に人員体制も整って来ました。

そんな折、突如自分の人事発令がありました。

セゾン投信の準備を推進するインベストメント事業部長から本部付部長という何だかよくわからない肩書きへの異動、つまり推進のラインから外されてしまったのです。

新しい役職はラインもなくチームもなく、完全な閑職にしか見えません。

ここまでセゾン投信の立ち上げを進めてきて、再び認可直前の処で、またも転んでしまいました。

さすがに凹みました。

自分が陣頭指揮をとらなくとも、それまで一緒に汗をかいてきたスタッフたちが粛々と準備作業は続けてくれています。

そして「自分たちでしっかり作業は進めるから」と私を力強く励ましてくれます仲間のありがたさを実感しました。

それでも当局からの認可申請書提出を受諾される、いわゆる仮認可となった時、このままだとまた申請取り下げにもなりかねません。

しかし、ひとたびラインから外れてしまうと、もう表だって自分が動くことは出来ません。

だらだらと毎日が過ぎでいきます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.