くらし情報『名古屋にも羽ばたく、岐阜県名物の「鶏ちゃん」のルーツはジンギスカン!?』

2012年11月7日 16:07

名古屋にも羽ばたく、岐阜県名物の「鶏ちゃん」のルーツはジンギスカン!?

名古屋にも羽ばたく、岐阜県名物の「鶏ちゃん」のルーツはジンギスカン!?
岐阜県をドライブしていると頻繁に見かける、料理名を記載した看板がある。

それが「鶏ちゃん」だ。

「とりちゃん」ではなく「けいちゃん」と読む。

名前から分かるとおり、鶏肉料理。

味付けされた鶏肉をたっぷりの野菜と一緒に炒めている。

近年ちょっとしたブームになっていて、岐阜はもちろん東海エリア全体に、じわじわ勢力を拡大している。

実はこの鶏ちゃん、ルーツはなんとジンギスカンなのだそうだ。

大正時代の国策で「羊毛を取るためにヒツジの肉を消費せよ!」という号令がかかり、誕生したのが北海道のジンギスカン。

ヒツジの肉を味付けして鍋で焼き上げる調理法は、その国策により全国に広まったのだが、岐阜ではいつの間にやらヒツジではなく、鶏肉を焼くようになったのだという。

筆者が鶏ちゃんに出合ったのは10年前のこと。

岐阜県の下呂(げろ)温泉に取材がてら立ち寄った居酒屋で勧められたのが「初・鶏ちゃん」だった。

寒い地方の田舎料理だけあって、味付けは濃い。

でも鶏肉だからくどくない。

何よりビールによく合う。

「こりゃうまい!」と、バクバク食した記憶がある。

それ以降、今までにいろんな店で鶏ちゃんを食べたけれど、味が店ごとに違うことも、鶏ちゃんの特徴のひとつのようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.