くらし情報『北海道に冬の神が光臨? 神秘の自然現象「サンピラー」』

2012年12月5日 11:40

北海道に冬の神が光臨? 神秘の自然現象「サンピラー」

北海道に冬の神が光臨? 神秘の自然現象「サンピラー」
白い雪の大地に天から神が降りてくる……かのように見える神秘の現象を、凍(い)てつく季節の北海道で目の当たりにすることができる。

空と大地をつないでいるかのような不思議な光の柱が、ある一定の自然条件がそろった時に現れるのだ。

「サンピラー」と呼ばれるこの大気光学現象は、北海道に暮らす人でもなかなか見ることができない。

サンピラーは日本語に訳すと「太陽柱」。

厳冬期、北海道の中でも特に寒い地域では、“ダイヤモンドダスト”と呼ばれる氷の粒が舞う現象が起こる。

サンピラーはこのダイヤモンドダストに、一定の角度から太陽光が当たった時に発生しやすい。

早朝や夕方近くの時間帯に発生することが多いとされているが、運が良ければそれ以外の時間帯に見られることもあるらしい。

何せいつ起こるか分からない自然現象。

すんなり出会えたら強運だと自負していいくらいだ。

ダイヤモンドダストは、気温が氷点下20℃以下にならなければ発生しない。

北海道の中でも、そこまで寒くなる地域は限られている。

道北や道東などがそれにあたる。

北海道では道北の名寄(なよろ)市が、最もサンピラーに出会いやすい場所として有名だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.