くらし情報『【エンタメCOBS】真夏の体調不良。汗ばんでベトついた皮膚が原因?』

2012年6月5日 18:15

【エンタメCOBS】真夏の体調不良。汗ばんでベトついた皮膚が原因?

【エンタメCOBS】真夏の体調不良。汗ばんでベトついた皮膚が原因?
暑い夏、体調不良を感じやすい人は多いのではないでしょうか。暑さにより疲労しやすいという人や、暑いのに体が冷えやすく、頭痛を起こしたり肩こりが強まるといった声は、よく聞きます。暑い季節に起こるこうした症状ですが、きっかけや悪化要因は、ひどい暑さやエアコンにあるかもしれません。しかし、体調を崩しやすい下地は、それ以前につくられている可能性があるのです。

夏の体調不良は、内臓を正常に機能させたり、発汗・体温の調整、体の緊張とリラックスのバランスに密接な関係のある自律神経系の乱れがかかわっています。自律神経系の正常な働きは、体調良く元気に過ごすためにも、とても大切だということになります。自律神経系の乱れやすくなる要因は、梅雨のころから始まっていると考えられます。

梅雨は雨の日が多く、ジメジメした不快なイメージがあるせいか、気分的にもすぐれないし好きな時期ではない、という人が少なくありません。不快感と気分的にもすぐれない理由は、こういったイメージによるものだけではなく、実際に体感する「湿気」による影響もあります。

梅雨時期はヒトが不快に感じる、湿度80%を超えてしまう日も多々ありますが、この時に自律神経系のバランスを崩すきっかけになりやすいことは、皮膚のジトジト汗です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.