くらし情報『【コブスくんのモテ男道!】鍼灸師が教える。夏バテ解消に効くツボ・ベスト4』

2012年8月5日 13:20

【コブスくんのモテ男道!】鍼灸師が教える。夏バテ解消に効くツボ・ベスト4

【コブスくんのモテ男道!】鍼灸師が教える。夏バテ解消に効くツボ・ベスト4
だるい、疲れる、食欲がない。気温が高くなると毎年のように襲ってくる夏バテの症状。そこで、鍼灸師(しんきゅうし)で太子橋鍼灸整骨院院長の丸尾啓輔(まるお・けいすけ)先生に、その対策のためのツボを聞きました。

■ラップの芯で足の甲を刺激する

「夏バテでの症状を、脱力感、疲労感、食欲減退の3つのポイントで考えて、自分で指圧できるツボをご紹介します」と丸尾先生。早速、教えていただきました。

1解渓(かいけい)―けだるさなど脱力感に

解は「解く、ほどく」、渓は「谷」の意味合いがあり、解渓とは、足と下肢部(かしぶ)の境目、谷間を表します。ここを指圧すると全身へのリンパ、血液の流れが促され、だるさやむくみが改善されます。足先がじーんとするようなしびれやこわばりにも効きます。

ツボの位置
足首の前、中央のへこんだくぼみ。足首をすねに向かって曲げたときにできる横じわから1~2センチほど上。

ツボの刺激法
親指でひと押し5~10秒の指圧を繰り返します。また、すりこぎやラップの芯で、このツボから足の甲全体をゆっくり、1~2分ほど転がすのもお勧めです。

2湧泉(ゆうせん)―だるい、疲れやすいなど脱力感、疲労感に

生きるエネルギーがわくツボとして、万能の役割があると言われます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.