くらし情報『【コブスくんのモテ男道!】糖尿病専門医に聞く。1日1回と3回の食事ではどちらが太る?』

2012年11月6日 17:10

【コブスくんのモテ男道!】糖尿病専門医に聞く。1日1回と3回の食事ではどちらが太る?

【コブスくんのモテ男道!】糖尿病専門医に聞く。1日1回と3回の食事ではどちらが太る?
筆者は、仕事が忙しい、あるいは休日には食事は1日に1回……ということがあります。しかしながら、「同じカロリーの食事を、1日に1回だけで食べるのと、3回に分けて食べるのとではどっちが太りにくいのだろう?」という疑問が起こります。

そこで、糖尿病専門医の福田正博(ふくだ・まさひろ)先生に真相をうかがいました。
■長時間空腹の後に食事をすると血糖値が上がりやすい

「ずばり、太りにくいのは後者の食べ方です。1日に1,500キロカロリーをとるとして、夕食時の1回だけで1,500キロカロリーを食べるよりも、朝、昼、晩に各500キロカロリーずつを食べた方が太りにくいことが分かっています」と福田先生。

その理由について、福田先生はこう説明をします。
「長時間空腹でいると、そうでないときと比べて、同じものを食べても血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)が上がりやすくなります。

食事をすると血糖が上昇しますが、同時に、上昇し過ぎるのを抑えて血糖値を一定に保つホルモン・インスリンがすい臓から分泌されます。

一方でインスリンは、血液中のブドウ糖が細胞に入り込んでエネルギー源となるための橋渡しや、中性脂肪をつくって蓄えることを促す働きもあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.