くらし情報『【転職コブス君】適材適所の人材選び-人事担当者は筆跡で適職を判断している!?』

2012年11月7日 14:20

【転職コブス君】適材適所の人材選び-人事担当者は筆跡で適職を判断している!?

【転職コブス君】適材適所の人材選び-人事担当者は筆跡で適職を判断している!?
転職ブームで異業種へはばたく人も多い昨今。できれば競争を勝ち抜いて、ポストをゲットしたいもの。多数の応募書類の中から選考を通過するのは、どんな履歴書なのでしょうか?人材発掘のために筆跡を用いるという意外な書類選考方法があると聞いて、人事担当歴30年の広告代理店取締役にお話をうかがいました。

■人材発掘のキメ手は手書き文字のカタチ!

――書類選考で筆跡診断を採用されていると聴きましたが、本当でしょうか?

「一次選考は面接の前ですから、応募書類上でまず、募集職種に対する向き不向きを見分けなければなりません。今までの業務スキルも大切ですが、異業種からの転職の場合もありますから、必要なのは経歴だけでなく、その人の人柄にふさわしい適職を読み取ることです。その際に有効なのが筆跡性格判断なんです」

――そういえば、筆跡診断は一時期話題になったことがありますね。

「もちろん、筆跡診断士のように専門的ではありませんが、手書き文字の特徴は参考になります」

――たしかに、書類上では人物判断までは難しいですね。

「筆跡にはそのときの心理状態や、その人の気質が無意識のうちに表れるといいます。そのため、人事担当者が手書きの文字の特徴を書類選考のポイントとしていることは本当です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.