くらし情報『【エンタメCOBS】まるで現代アート? 「世界タメシガキ博覧会」をレポート』

2012年11月15日 19:40

【エンタメCOBS】まるで現代アート? 「世界タメシガキ博覧会」をレポート

【エンタメCOBS】まるで現代アート? 「世界タメシガキ博覧会」をレポート
文具店のペンコーナーなどにある試し書きの紙。皆さんも一度はペンの書き心地を確かめるために利用したことがあるのではないでしょうか?そんな試し書きの紙を世界50カ国から集め展示した「世界タメシガキ博覧会」が、東京・表参道の文房具カフェで10月2日まで開催されました。「試し書きって、ただの落書きでしょ?」と思いつつも、世界各国となると「もしかしたら珍しいものが見られるかも」と期待を抱き、会場に足を運んでみることにしました。

事前に取材のアポを入れて会場に赴くと、待っていてくれたのは「世界タメシガキ博覧会」を主催する寺井広樹さん(32歳)。寺井さんは5年前にベルギー、ドイツ、フランス、ケニア、エチオピア、アルゼンチン、ベトナムなど世界を放浪し、各地で見た試し書きに魅了されていったといいます。

「文具店で指を差して『これをください』と店員に頼んでいたのですが、国によっては『文房具を買ったら譲ってあげる』と言われることもあったので、自宅に世界の文房具がたまってしまっています(笑)」(寺井さん)

試し書きの魅力を聞くと、「複数の人が一つの紙に無意識で書くものですから、まるで現代アートのようになるんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.