くらし情報『【エンタメCOBS】日本と海外での不動産売買の違いは?』

2012年12月31日 18:50

【エンタメCOBS】日本と海外での不動産売買の違いは?

【エンタメCOBS】日本と海外での不動産売買の違いは?
住宅を購入する際、日本では物件を探して内覧。気に入ったら仮押さえをしてから売買契約を結び、無事に購入完了。おおまかに言えばこのようなプロセスで物件を購入することができます。では、海外ではどうなのでしょうか?

今回は、住宅を購入する場合の不動産売買において、日本と海外ではどんな部分が違うのか、不動産業者に伺ってみました。

――日本でも海外でも、物件を購入するには契約を交わさないとダメだと思うのですが、日本と海外では不動産を売買する際の違いはありますか?

海外といっても国ごとにいろいろあるのですが、日本と海外での一番の違いは契約にハンコが必要ないことですね。海外はサインだけで大丈夫ですので。

――なるほど。確かに外国でハンコはあんまり使っているの見たことないですね。

海外ではサインの方が重要視されているので、ハンコは通用しませんからね。あとはアメリカでは取引をする際に、「エスクロー」という取引が公正に行われるかどうかを確認する、第3者的な業者が仲介しますね。

これは日本にはありません。

――アメリカではそういった業者がいるんですね。知りませんでした。

あとは、アメリカでは物件を案内する人は宅地建物取引主任者でないとダメだと聞いたことがあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.