くらし情報『【エンタメCOBS】もう時代遅れ!? 暴走族が減少したワケ』

2013年1月15日 19:10

【エンタメCOBS】もう時代遅れ!? 暴走族が減少したワケ

【エンタメCOBS】もう時代遅れ!? 暴走族が減少したワケ
暴走族といえば、特攻服に身を固め、派手なリーゼントが象徴的。1980年ごろには、全国のどこでも隊列をなして暴れまわる姿がみられたのですが、近ごろではその姿もめっきりと減って、かつての面影はありませんよね。元暴走族のM君の話によると、警察庁の科学捜査の一環で、暗視カメラがあちこちに設置され、検挙率が高まったことが原因というウワサがあるとか。そこで、法政大学「犯罪心理学研究室」の越智啓太教授に真相をうかがいました。

■暗視カメラのウワサは都市伝説だった!

――警察庁に問い合わせたところ、「TV番組で取り上げているような赤外線カメラ設置は単なる都市伝説ですよ」という回答でした。では、どうして暴走族は減少したのでしょうか。

「2004年に道路交通法の改正がありました。それまで暴走行為を検挙するには、被害者の証言が必要だったわけですが、警察官の現認だけで検挙できるようになったといういきさつがあります。暗視カメラで一斉検挙というウワサは、この道路交通法の改正からきていると思いますね」

――すると、暴走族減少の原因は、道路交通法改正によるということですか?

「暴走族自体のスタイルが、時代により変遷するということもあげられますね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.