くらし情報『スマホで文学女子を気どってみない? 無料でドヤ顔できる青空文庫』

2019年11月10日 21:30

スマホで文学女子を気どってみない? 無料でドヤ顔できる青空文庫

■めちゃくちゃラクして文学女子を気どってみない?

突然ですけど、文学を語れる女性ってカッコいいと思いません?

夏目漱石とか、太宰治とか、芥川龍之介とか──そういう系です。

目次

・めちゃくちゃラクして文学女子を気どってみない?
・10分で読める有名作品たち
・1.『葉桜と魔笛』太宰治
・2.『文鳥』夏目漱石
・3.『舞踏会』芥川龍之介
・感想なんて思い浮かべる必要なし!


いや、わかります。

逃げないでください。

めんどくさいのはわかります。時間がないのもわかります。国語の授業みたいで逃げだしたくなるのはわかります。うへええええってなるのもわかります。

でもですよ?

とはいえ「いつか読めたらいいなあ……」と思ってたりしませんか?

文豪がどんなものを書いたのか、ちょっとでも味わえたら人生も広がると思うんです。デートで気の利いたセリフもいえるようになると思うんです。

「でも時間がない……」
「本を読んでるだけで眠たくなる」
「想像するだけでめんどくさい」

その気持ち、めちゃくちゃわかります。読書ってしんどいですよね。しかし、今回は、なにも辞書のように分厚い本を読もうという企画ではありません。

むしろ「ラクして文学女子を気どってみよう」というズルイ企画なのです。どうせなら美味しいとこだけ、つまみ食いしちゃいましょうよ。

・さくっと短く
・なんと無料で
・スマホで読める

という作品ばかりご紹介します──悪くなさそうでしょう?

ブンガクとかいって肩肘はらないでくださいな。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.