くらし情報『UNIQLOの名品アンクルパンツ。きれいに穿くための3つのポイント』

2019年12月7日 11:00

UNIQLOの名品アンクルパンツ。きれいに穿くための3つのポイント

目次

・アンクルパンツをきれいに履くための3つのポイント
・1.「裾上げ」でストンと落ちるシルエットを死守
・2.くるぶしを出してスタイルアップ
・3.パンツとシューズの色を合わせて上品に
・冬のイベントにも穿きたいアンクルパンツ!
Img 6488


UNIQLOで購入できるベーシックな名品と言えば、「EZYアンクルパンツ」。私は黒色、白色、ネイビー、チェック柄を持っています。

アンクルパンツを購入してから、日々のコーディネートに迷わなくなりました。朝早くから出かける日。仕事が長時間に及ぶ日。疲れたくない日。でもきちんと感が欲しい!というときは、必ずこのパンツを穿いています。

今回は、このパンツを素敵に自分らしく着こなすコツをお届けしたいと思います。

■アンクルパンツをきれいに履くための3つのポイント

1.「裾上げ」でストンと落ちるシルエットを死守

Img 7678


アンクルパンツは、名前の通り「アンクル丈」で穿くのがおすすめです。モデルさんは脚が長いので、裾直しなしでもアンクル丈になるのですが、身長159cmの私はそのままだと裾がダボついてしまい、アンクル丈になりません。

そこで、必ず「裾上げ」をします。私は毎回、5センチまたは5.5センチの裾上げをしています。

この一手間で裾がだぼ付かず、ストンとまっすぐ下に落ちるシルエットを作ることができます。このまっすぐのシルエットこそが、アンクルパンツの最大の魅力◎
UNIQLOのショールームに行った際、広報の方にも褒められました!

2.くるぶしを出してスタイルアップ

Img 583184337c6d 1


冬は足首が出ると少し寒いのですが、夜の会食やイベントなど、気合いを入れたいシーンではくるぶしを必ず出すようにしています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.