くらし情報『『セシルのもくろみ』第4話あらすじ - 承認欲求を満たすために争う女たち』

2017年8月4日 08:30

『セシルのもくろみ』第4話あらすじ - 承認欲求を満たすために争う女たち

『セシルのもくろみ』第3話のレビュー・あらすじ

■『セシルのもくろみ』第4話のあらすじ(ネタバレあり)

ヴァニティ』の新専属モデル2名のうち、1名は手島レイナ芦名星)に決定した。読者モデルから専属モデルへの昇格を夢見る奈央(真木よう子)と江里(伊藤歩)だったが、もうひとりとして選ばれたのは葵(佐藤江梨子)だった。

目次

・『セシルのもくろみ』第4話のあらすじ(ネタバレあり)
・『セシルのもくろみ』第4話の感想
・『セシルのもくろみ』作品概要
・『セシルのもくろみ』キャスト


葵に決まったのは、葵が発案したメイク企画が読者アンケートで反応が良かったからだと説明されたが、江里は副編集長の石田(眞島秀和)と葵が抱き合っているところを目撃し、葵の抜擢に疑問を持つようになる。

江里はこの件を編集部に告げ口しようと考えるが、奈央は「そんなやり方で専属になんかなりたくない」と言って江里を止めた。

一方、読者モデル担当の洵子(板谷由夏)の元に、差出人不明で石田と葵がホテルに入っていく様子が撮られた写真が送られてくる。と同時に、江里からも連絡が入り不倫のことを報告された。

洵子は編集会議の場で石田と葵の不倫を報告。編集長の南城(リリー・フランキー)は、洵子を副編集長代理に任命し、石田にはしばらく有給をとるように勧めた。

その後、奈央は新企画として、夫とデートをすることになった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.