くらし情報『『セシルのもくろみ』第6話あらすじ - 女の嫉妬が渦巻く現場で』

2017年8月18日 10:45

『セシルのもくろみ』第6話あらすじ - 女の嫉妬が渦巻く現場で

『セシルのもくろみ』第5話のレビュー・あらすじ

■『セシルのもくろみ』第6話のあらすじ(ネタバレあり)

奈央(真木よう子)は読者モデル企画の廃止に伴い、『ヴァニティ』を卒業した。一方、『ヴァニティ』の顔であるハマユカこと由華子(吉瀬美智子)は、離婚後シングルマザーとしての生活を開始した。

目次

・『セシルのもくろみ』第6話のあらすじ(ネタバレあり)
・『セシルのもくろみ』第6話の感想
・『セシルのもくろみ』作品概要
・『セシルのもくろみ』キャスト


数カ月後、江里(伊藤歩)が奈央の元に現れる。『ヴァニティ』の専属モデルとして奈央を起用することになったため、奈央を迎えにきたのだ。

読者モデル企画廃止後、『ヴァニティ』の売り上げ部数は少しずつ落ちていた。洵子(板谷由夏)は打開策として奈央を専属モデルにと、編集長の南城(リリー・フランキー)に申し出る。

毎月の読者アンケートで、奈央がいなくなったことを惜しむ声が届いていたことも、奈央を押した理由のひとつだった。

専属モデルとなった奈央は、6月号のワンピース特集に参加することとなった。モデルとしてまだまだ未熟な奈央を成長させようと、江里やトモ(徳井義実)は特訓に協力する。

しかしいざ撮影となるとうまくいかず、奈央はカメラマンや専属モデルのレイナ芦名星)をイライラさせてしまった。

奈央が落ち込んでいるなか、『ヴァニティ』が有名海外ブランド「フェローニ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.