くらし情報『【たかがタイツ・されどタイツ】毎日の幸福度が高まるタイツの買い方、選び方』

2017年9月26日 13:00

【たかがタイツ・されどタイツ】毎日の幸福度が高まるタイツの買い方、選び方

■プチプライスのタイツを購入しない理由

気温が下がり、秋本番。

素足でいるのがさすがにつらくなってくる頃、私は毎年タイツをまとめ買いする。

目次

・プチプライスのタイツを購入しない理由
・タイツの色味、透け具合を通販で見極めるのは難しい
・タイツの色は「ワードローブマトリクス」で選ぶ
・網タイツを美しくはきこなす方法
・たかがタイツ、されどタイツ


このプチプラ全盛の世の中で、タイツも探してみるとびっくりするほどプチプライスのものを見つけることができる。

だが、いろいろな価格帯のものを試してみてきた結果、タイツだけは価格と質がシビアに比例していると思う。

3足1000円の安売りタイツ、1足500円ののタイツ、1足3000円のタイツは明らかに違うのだ。

1fef6720 s 300x199


ここは消耗品と割り切って、プチプライスのものを使い捨てにする、という方法もあると思うが、思い切って数足、うんと肌触りのいいタイツを買って半年過ごしてみる。

そうすると感じるのは、毎朝滑らかなタイツに脚を通すときの幸福感、日中の脚の肌触り、フィット感。

しかも、洗っても新品時の形や質感が長持ちするので、プチプライスのものよりずっと長く着用できる。

ほんのすこし、数千円のコストをプラスしただけで、こんなに心地いい時間を過ごせるのかと驚く。

いいタイツを履くことは、想像以上に女に自信を与える。

よって、思い切っていいものを買った方が、結局はコスト以上に「半年間の幸福度は絶対に高くなる」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.