くらし情報『手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25』

2017年10月20日 14:00

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

に出勤し、一緒に「ピーターソン=ワイアット」へ移籍しないかと、自分のチームへ呼びかける。

チームメンバーの4人がエリザベスの申し出を受けるが、部下のジェーンは固辞。同じく「コール=クラヴィッツ&ウォーターマン」に残った元同僚のコナーズと共に、エリザベスと敵対することになってしまい……。

Sb4

◼︎息もつかせぬ超展開!ジェシカ・チャステインの仕事ぶりに惚れる

本作の一番の魅力は、銃規制法案をめぐり二転三転する両陣営の激しい攻防戦です。

「ピーターソン=ワイアット」に移籍したエリザベスが、さまざまな奇策を仕掛け、銃規制法案の廃止に賛成しそうな議員をひとり、またひとりと取り込んでいく様は圧巻です。

エリザベスは、ときに仲間までもを欺き、人としての倫理や常識の一線を越えてしまいながらも、相手陣営の二手も三手も先を読む巧妙な罠を仕掛けていきます。

実力派俳優たちの白熱する演技合戦は、本作の大きな見どころになっています。

Sb5

◼︎トップ・ロビイストのファッションにも注目!

DRESS読者にとって、もうひとつの見逃せないポイントとなっているのが、主人公エリザベスのファッション。

本作の衣装デザイナーは、

「エリザベスはワシントンのトップ・ロビイストなので、年収は7ケタ(100万ドル以上)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.