くらし情報『ゴッホの夢とは、死の真相とは? 天才画家の謎に迫る3つのメディア』

2017年11月23日 12:00

ゴッホの夢とは、死の真相とは? 天才画家の謎に迫る3つのメディア

こんにちは、島本薫です。

物思う秋、「夢」や「あこがれ」、はたまた「謎解き」や「真相に迫る」といった言葉を聞くと、なんだかどきどきしませんか?

本日は、芸術の秋にふさわしい、ミステリアスな画家の話題をお届けしましょう。

■謎多き画家、フィンセント・ファン・ゴッホ

「ひまわり」や「夜のカフェテラス」など、鮮やかな色彩や情熱的なタッチで知られるゴッホですが、ひとりの人間としては、光よりも陰多き人物だといえるでしょう。

19世紀のオランダで牧師の家に生まれ、一度は聖職者の道を志しながらも挫折の末に絵筆を取り、37年の人生を駆け抜けたゴッホ。“炎の画家”というイメージが定着してしまった背景は、大きく分けてこの3つにあるのではないでしょうか。

1. 光を求め、南仏に芸術家の理想郷をつくろうとした
2. 発作的に自分の耳を切った
3. 銃で自らを撃ち、命を絶った

とはいえ、その行動の奥にあった画家の思いは謎に包まれたまま。とくに、その死は本当に自殺だったのか、今もさまざまなメディアに取り沙汰されています。

映画で、本で、展示会で――この秋、ゴッホの3つの謎に新たな光が投げかけられました。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.