くらし情報『冬から春へ、「前ボタンロングワンピース」が1枚あれば乗り切れる』

冬から春へ、「前ボタンロングワンピース」が1枚あれば乗り切れる

2018年2月13日 13:00
 

季節の変わり目をどう乗り切るか。「ざっくりニットにデニムスタイル」の冬アイテムだけでは楽しくないし、「薄手ニットにきれい色スカート」の春アイテムだけでは肌寒い。

着心地と見た目のどちらも楽しめるアイテムを選びたいですよね。そんなときにおすすめなのが、前ボタンワンピースです。

ボタンをすべて閉めてサラッと1枚で着ると落ち着いた印象に。また、ボタンをすべて開けてロングシャツとして羽織ってもスタイルアップが叶います。

わたしが持っているのは黒ですが、ネイビーやベージュ、ストライプ柄など、見た目で「着たいな」と思うアイテムを選んでみてはいかがでしょうか?

今回は、この時期にこそ着たい、ロングワンピースの活用術をご紹介します。

関連リンク

・遊びゴコロ光るプチプラ!【select MOCA】で見つけた大人可愛い一押しアイテム特集♪
・楽なのに細見えが叶う♡《テーパードパンツ》で作るスタイルアップコーデを紹介
・やっぱりニトリが大好き♡プチプラなのに活用度の高い、便利アイテム16選
Img 7452

◼︎前ボタンワンピースの着こなし3パターン

ボタンを閉めて楽しむ

前ボタンをすべて閉めて、シンプルなワンピースとして着たコーディネートです。サイドスリットが膝まで入っているため、大人っぽい雰囲気で楽しめます。

ユニクロのヒートテックタイツを履くと暖かく、程よいグリッター感が出ます(静電気が気になる場合は、静電気スプレーを最初にかけておくと安心です)。

ウエストリボンを前側で結ぶことで、ウエスト位置を作ることができて、すっきり着ることができます。背中側にすこし落として、「抜いて着る」ことで大人フェミニンな雰囲気も演出できます。

ホテルでのランチ、同窓会など、いつもよりも少し背筋を伸ばしたい日に挑戦したい着こなし方です。

Img 7432

ボタンを開けて楽しむ

こちらのコーディネートはすべてのボタンを開けて着るスタイリングです。スプリングコートやロングシャツを羽織る感覚で、ロングワンピースを活用できます。

スタイルアップを叶えたい日のコーディネートのコツは、中側に着るアイテムを同系色でつなげること。今回は白色のトップスと白色のボトムスでコーディネートしました。

白色でなくても素敵に仕上がりますよ。ブラウン系のワントーンコーデで大人っぽく、水色系のワントーンコーデで爽やかにスタイリングするのもエレガントです。

ワントーンコーデでなく、トップスはシンプルなアイテムにして、ボトムスを柄アイテムにするコーディネートも今年っぽさがあります。ウエストリボンは、後ろで結んで、ウエスト位置を作るようにしています。こちらのコーディネートは、ショッピング、カフェなどカジュアルなシーンにぴったり。

Img 6622

ボタンをひとつだけ閉めて、レイヤードファッションを楽しむ

最後に紹介するこちらのコーディネートは、ボタンをひとつだけ閉めて、レイヤードを作るコーディネートです。

レイヤードとは「重ね着」のこと。パンツスタイルにワンピースを重ねてコーディネートする楽しみ方です。

これまでのレイヤードファッションは、「スキニーデニム」にレイヤードする着こなしが多かったのですが、今年は「ワイドパンツ」にロングワンピースをレイヤードするコーディネートが旬です。

ポイントはボタンを閉める位置です。ウエスト位置よりすこし高めの位置にあるボタンをひとつ選び、ボタンをすることがおすすめです。

そうすることで、ウエスト位置がすこしだけ高くなり、脚長効果につながります。また、ウエストリボンも斜め横辺りで結び、ワンピースのゆったり感を作ると良いです。

女子会や夜のデートなど、こなれ感を出したいシーンに試したいコーディネートです。

Img 7147

◼︎ロングワンピースと相性がいいアウターは「ガウンコート」

1枚ワンピースを重ねるだけで、「プチプラアイテム」にもラグジュアリー感が添えられます。

UNIQLOの白色アンクルパンツや、GUのドットパンツなど、肌に近いアイテムがプチプラでも、ワンピースを羽織るだけで、ラグジュアリーな雰囲気に仕上げることが可能。

1枚でいろいろなスタイリングが楽しめるロングワンピース。2月の必須アイテムになりそうです。

ちなみに、コートとの相性で一番いいのは「ガウンコート」だと思います。ガウンコートはウエスト位置でベルトを結んで着るコートなので、サラッと羽織れて、バランス良く見えます。

2月だからこそ楽しめるファッション。今の時期に試してみてくださいね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.