くらし情報『誰もが一度はしたことがある「嫉妬」』

誰もが一度はしたことがある「嫉妬」

2018年3月9日 18:00
 

いつの時代も、いくつになっても「嫉妬」という感情は生まれるもの。

恋愛、仕事、同姓、異性、あるいは若さ。自分が知らないパートナーの異性の友人、もしくは不倫相手の本妻、同僚の奇抜なアイデア。

まさかと思っていた人の昇進、ふと横目に見た、輝いている女性と自分を比べたときなど。

あなたはこれまで、どうやってこの感情を乗り越えてきましたか。

嫉妬し続ける。
誤魔化す。
その状況から逃げる。
カミングアウトして吐き出す。
向き合う。

もし、嫉妬という感情を自身で対処する方法がわからない、消化不良な状態になっている方がいたら、空海の考え方を参考にしてみてはいかがでしょうか。

■空海とは

空海というお坊さんのことは、学生時代の歴史の勉強で出てきたかと思います。

しかし、仏教のひとつくらいの認識で、クローズアップされることは一般的には少ないのではないでしょうか。

「弘法にも筆の誤り」ということわざがありますが、ここにある「弘法」は弘法大師、つまり空海のことです。

空海は世界遺産である高野山で、金剛峰寺を建立した真言宗の開祖でもあります。

■空海の考える「嫉妬」とは

目次

・空海とは
・空海の考える「嫉妬」とは
28754742 1261548300644607 2114891987 o


義浄という唐の時代の僧が訳した「能断金剛般若経」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.