くらし情報『『隣の家族は青く見える』母の「呪い」を乗り越えろ、それぞれの幸せのために 』

『隣の家族は青く見える』母の「呪い」を乗り越えろ、それぞれの幸せのために 

2018年3月8日 22:00
 

深田恭子主演の木曜ドラマ『隣の家族は青く見える』。妊活中のカップルを中心に、さまざまな事情と問題を抱える4組のカップルが入り乱れる群像劇だ。

すでに第7話まで放送が終わっているが、このドラマの面白いところは、なかなか問題が解決しない部分にある。ドラマの作り手たちが、安易に解決させない姿勢を貫いている、とでも言うべきだろうか。
そのあたりがスカッとした結末を望んでいる視聴者と相容れず、視聴率の伸び悩みにつながっているのだろう。

■母親は自己犠牲の塊?

第6話は大器(松山ケンイチ)の母・聡子(高畑淳子)のこんな言葉で始まる。

「母親っつーのはね、自己犠牲の塊なの」

第6話は、「母親」がひとつのキーワードになっていた。
聡子の言葉は、子育てに神経質になっている大器の妹、琴音(伊藤沙莉)に向けられたものだ。

聡子の言葉を聞いて、もっともだと思う人も多いかもしれないが、
「母親は自己犠牲が当たり前」という考え方自体は古いもの。

このセリフを聞いて、先日話題になっていた絵本作家のぶみが作詞した歌「あたしおかあさんだから」を思い出した人もいるはずだ。

「孫の顔も見ないで死ぬなんて、嫌ですからね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.