くらし情報『『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』で知る、米国で約50年前に起きた文書隠蔽問題 古川ケイの「映画は、微笑む。」#43』

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』で知る、米国で約50年前に起きた文書隠蔽問題 古川ケイの「映画は、微笑む。」#43

2018年3月29日 20:30
 

◼︎アカデミー作品賞ノミネート『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

DRESS読者のみなさん、こんにちは!

今回ご紹介する作品は、
スティーヴン・スピルバーグ監督最新作『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』です。

ベトナム戦争におけるアメリカ政府の不都合な事実が記された最高機密文書をめぐる新聞社の攻防を描いた本作は、本年度のアカデミー作品賞、主演女優賞にノミネートされるなど、その質の高さは保証済み!

約50年前にアメリカ政府によって隠蔽されていた機密文書は、どのようにして明るみになることとなったのか。
森友学園の文書書き換え問題で揺れる今、必見の注目作です。

関連リンク

・小日向文世と遠藤憲一が“兄弟”に! 人気シリーズ新作ドラマに本人も「成立するのかな」と驚き
・“いつもと違う”佐野玲於&中川大志&高杉真宙&横浜流星 映画「虹色デイズ」×「NYLON JAPAN」
・あっこゴリラ「足骨折しちゃった」に場内騒然! 強行出演で熱唱した一夜
『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』で知る、米国で約50年前に起きた文書隠蔽問題 古川ケイの「映画は、微笑む。」#43

◼︎『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』のストーリー

1971年、ベトナム戦争が泥沼化し、反戦の気運が高まるアメリカ国内。

夫の死後、専業主婦から突然ローカル新聞『ワシントン・ポスト』の発行人となったキャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)は、社主として、経営の危機を迎えていた同紙の立て直しに奮闘していた。

女性であることや、経営経験が浅いことから、社内の取締役から軽んじられていたグラハムだったが、ニューズウィーク紙から引き抜いた編集主幹のベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)と共になんとか会社を立て直そうとする。

そんな中、彼女はライバル紙『ニューヨーク・タイムズ』の大スクープを目にする。

sub1


それは、1967年に当時のアメリカ国防長官であるロバート・マクナマラの指示で作成されたベトナム戦争について客観的に調査・分析する文書、通称「ペンタゴン・ペーパーズ」の内容の一部だった……!

ライバル紙に先を越され、焦ったグラハムとブラッドリーは
7000枚に及ぶ「ペンタゴン・ペーパーズ」の残りの文書を独自に入手し、全貌を公表しようと奔走する。

だが、当時の政権を握るニクソン大統領があらゆる手段で記事を差し止めようとするのは明らかだった。
政府や旧友を敵に回してまで、記事にするべきか。報道の自由、信念を懸けたグラハムは決断を迫られ……。

Sub2

◼︎見どころは新聞社のスクープを巡る葛藤

本作の見どころは特に「ペンタゴン・ペーパーズ」を手にした、ワシントン・ポストのグラハムの葛藤にあります。

政府の機密文書を先に掲載したライバル紙、ニューヨーク・タイムズが国家の安全保証を脅かすとして、ニクソン政権から記事の差し止め命令を受けた中、残りの文書を公表すれば法的措置を取られる可能性があり、グラハムは厳しい判断を求められることに。

夫から引き継いだ新聞社の将来を危険にさらし、会社を立て直すための株式公開の計画も潰してしまうという激しいプレッシャーの中、グラハムにはどのような決断をするのか。

Sub3


新聞差し止めを巡る最高裁判所の判断のカギとなるのが
「アメリカ合衆国憲法修正第1条」いわゆる「言論の自由」です。

以下、アメリカ合衆国憲法修正第1条

「連邦議会は、国教の樹立、あるいは宗教上の自由な活動を禁じる法律、言論または報道の自由を制限する法律、ならびに人々が平穏に集会する権利、および苦痛の救済のために政府に懇願する権利を制限する法律を制定してはならない。」

以後の判例・政府活動に大きな影響を与えたこの事件の結末は、ぜひスクリーンでご確認ください!

Sub4

◼︎スティーヴン・スピルバーグ監督のこだわりも見どころ

1970年代の新聞社の雰囲気を再現するために、スピルバーグ監督は一流のスタッフから成る製作チームを結成しました。

タイプライター、黒のコード電話機、煙が立ち込めるタバコなど……この作品の主な舞台となるワシントン・ポストのオフィスは、驚異的なリアル感にあふれています。

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』で知る、米国で約50年前に起きた文書隠蔽問題 古川ケイの「映画は、微笑む。」#43


「今、撮るべき作品」として、トランプ大統領就任45日後に本作の製作を発表し、予定していた作品よりも先に撮影を敢行したスピルバーグ監督。

政府によってジャーナリズムに規制がかけられ、真実が分かりにくくなっている「今」だからこそ伝えるべき作品と、本作に強烈なメッセージを込め、現代に警鐘を鳴らす作品に仕上げました。

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』で知る、米国で約50年前に起きた文書隠蔽問題 古川ケイの「映画は、微笑む。」#43
タイムリーな話題性、アカデミー作品賞ノミネートの質の高さ、主演女優賞ノミネートのメリル・ストリープの演技など、観るべき要素が盛りだくさんの『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』は、3月30日(金)より全国公開です!

◼︎『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』公開情報

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
3月30日(金)全国公開
※TOHOシネマズ日比谷にて3月29日(木)特別先行上映
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:メリル・ストリープトム・ハンクス
配給:東宝東和
上映時間:116分
公式サイト:http://pentagonpapers-movie.jp/
©Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.