くらし情報『未来を思い描いて進もう。「唇」という漢字が表す決意』

未来を思い描いて進もう。「唇」という漢字が表す決意

2018年4月7日 16:00
 

■何かが始まる前

目次

・何かが始まる前
・「唇」という文字を書いた、空海の決意
・唇に決意を込めて、チャレンジを
Red woman girl brown


鏡の前でリップを塗り直す。

夕方のパウダールームでは、化粧直しをする女性が多くいます。

彼氏に合う前なのか、食事会なのか、接待なのか、目的はそれぞれ。ほとんどの方が、化粧をする際、リップを最後に塗って完成させると思います。

時間がないときは、とりあえずリップだけ塗り直して、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。唇にリップを塗るときは、何かが始まる前の事前準備のように感じます。

例えば、1日の始まりであったり、プレゼン前の身なりを正すとき、数いる女性たちの中から頭ひとつ出るため、気になっている彼を振り向かせるため。

さまざまな色の中から選んだリップで仕上げた自分。そして、唇から紡ぎだされる言葉、そこに決意を込めて。

■「唇」という文字を書いた、空海の決意

29315223 1270803056385798 1618623880799191040 o


空海とはどんな人物かについては、前回少し触れました。

そんな空海が書いた「聾瞽指帰(ロウコシイキ)」。

これは、24歳のときに書いた、仏門に入るための決意書です。

出家に反対する親族に対する、出家宣言の書とされています。

それは、世の中の社会貢献であり・発信したいということの現れです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.