くらし情報『革靴のお手入れ方法〈基本編〉』

革靴のお手入れ方法〈基本編〉

2018年4月24日 18:30
 

お気に入りの靴を長く履くためには、靴のお手入れは欠かせません。定期的にお手入れをすれば、毎日きれいな靴が履けるだけでなく、靴の寿命も格段に伸ばすことができます。

靴磨きの工程は、(1)汚れや古いクリームを落とし、(2)革に栄養を与えて、(3)ツヤを出す、の3ステップ。履く頻度にもよりますが、月に一度を目安にケアするのがいいでしょう。

靴は、愛情を持ってメンテナンスすることで、あなただけのかけがえのない一足に育っていきます。

ちなみに僕は靴好きが高じて会社を辞めて、10年前に靴修理店「スピカ」を立ち上げました。靴に対する愛情は誰にも負けません!

今回から10回に渡って自宅でできる靴のメンテナンス方法をお伝えしてきますので、靴を愛する皆さんと一緒に、大切な靴と長く付き合っていく方法を学んでいきましょう。

靴のお手入れで用意するもの

目次

・靴のお手入れで用意するもの
・準備1シューレースを取る
・準備2シューキーパーを入れる(ブーツの場合は、ブーツキーパーを入れる)
・STEP1汚れを落とす
・STEP2靴クリームで革に栄養を与え、補色をする
・STEP3ブラッシングで靴にツヤを与える
1 1


・シューキーパー orブーツキーパー
・馬毛ブラシ(大)
・クリーナー
・やわらかい布の切れ端(いらなくなったTシャツなど)
・豚毛ブラシ(小)
・靴クリーム(靴の色に合ったもの)
・ストッキングを丸めたもの

準備1シューレースを取る

1 2


シューレースをつけたままだと、汚れを落とすときやクリームを塗る際に紐が邪魔になるため、お手入れの前に外しておきましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.