くらし情報『五龍神のすまう田無の杜「田無神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#2】』

2018年6月12日 18:00

五龍神のすまう田無の杜「田無神社」【巫女ライターの神社と御朱印めぐり#2】

から2月3日の節分祭までの間に頒布される、「一楽萬開札(いちらくまんかいふだ)」もしくは「一番札」とも呼ばれるものがあります。

こちらを受けることで、私たちは龍神様より「最初の楽(一楽)」をいただけます。

「楽」というのは、心と身体が楽しくなること。私たちの人生や生活を、豊かで健やかにしてくれるものです。龍神様からいただいたひとつの「楽」がまた次の楽を呼びこみ、次々に「楽」が集まることで「萬の道(人生)」が開かれる、という意味が込められています。

「一楽萬開札」は、家の玄関もしくは、その年の吉方にお祀りしてください。神様からいただいた「楽」に感謝し、大切に育むことで、皆様の人生の道がますます明るく開かれていくことでしょう!

B0001328 2


毎年、11月23日~2月3日の間に頒布される「一楽萬開札」(一番札とも呼ばれます)。

■御朱印や御朱印帳は神主・巫女の装束がモチーフ

御朱印について

%e7%84%a1%e9%a1%8c


上……通常御朱印左下……月詣り御朱印右下……としはじめ御朱印

通常、田無神社でいただくことができる御朱印は、写真の一番上にあるデザインです。「田無神社」の文字とともに、装束がモチーフになった印、そして「五龍神方位除」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.