くらし情報『気になる脚のラインを魅せる、大人のスカートコーデ』

気になる脚のラインを魅せる、大人のスカートコーデ

2018年7月14日 12:00
 

デニム大好きパンツ派なもので、持っているボトムスのほとんどがパンツです。先週のテーマのワンピース同様、スカートを使ったコーディネートのバリエーションはそう多く持っていません。

スカートをあまり穿かない理由は、脚を出すのに抵抗があるから。若い頃からずっとそうで、特にひざ下のラインに自信がなく、ひざ丈スカートを着こなせる気がしなかったのでした。

けれど、ここ最近は以前よりもスカートの登場回数を増やしています。

相変わらず脚に自信はないものの、コンプレックスを悪目立ちさせないような着こなしの知恵もついてきたことだし、いつもと違うスタイルで出かけると新鮮な気持ちになれるのもいいのです。

Skirt 6


今回のテーマは「揺れるスカート」。ガーリーテイストが苦手で、ふんわり可愛らしいスカートは持っていないけれど、裾が二重になっているTramandoのプリントスカートは、まさに「揺れる」スカート。

オレンジにブルーと強めのカラーを使った大胆なプリントながら、ややくすんだ抑えめの色合いなので、意外とコーディネイトしやすい1枚です。

オーソドックスなデザインと見せかけて、実は袖が驚きの長さのカーディガン、そして靴と鞄を黒で統一することで、スカートの存在感を際立たせます。

Skirt 4


シンプルなキャミソールに袖が長いカーディガンを巻いて。素材は麻×シルクなので黒でも重たくなりすぎず、真夏の羽織りものとして重宝しています。

Skirt 8


東京・浅草の帆布鞄工房・犬印鞄製作所のミニトートはいただきもの。

このサイズのトートバッグはこれまで使ったことがありませんでしたが、近所に買い物に行ったり、友達と軽くお茶したりするようなシーンにちょうどいい大きさで気に入っています。

Sneaker 8


足元は最近ヘビーユースしているニューバランスで。ソールが厚めで足元にボリュームの出るスニーカーは、気になる脚のラインをうまくごまかしてくれる心強い一足。

スカートにスニーカーを合わせられるようになると、コーディネートの幅が広がるなあと実感しているこの頃です。スカート/Tramando
カーディガン/INTOCA
トートバッグ/犬印鞄製作所
スニーカー/New Balance

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.