くらし情報『柄物は「小物」で取り入れる! 無地しか着ない私の方法』

2018年10月30日 12:30

柄物は「小物」で取り入れる! 無地しか着ない私の方法

■無地しか着ない女

私のクローゼットには、無地の服ばかりが並んでいる。
カラフルな色のものは多数あるが、全部無地。

派手な色の服ってコーデしづらい、と思っている方が多いかもしれないが、私の持論は「柄物の服の方がよっぽどコーデしづらく、飽きやすい」。

目次

・無地しか着ない女
・ベルト、バングル、トートバッグ柄物を選びやすいアイテムはコレ
・スカーフとストールは、柄物が逆に便利!
・【実例】柄物は小物で投入する!
・無地の服+柄物の小物で、日々のコーデを自由自在にコントロール


また、無地の服の方が自分自身も着ていてすっきりした気分になるし、見ている人も同じ気持ちなのでは?と思う。
柄物を着ると、どうしてもその人のイメージはごちゃついた印象になる。
自分がその柄物に負けないパワーがあればいいが、難しい。

年齢を重ねるとともに、女性はどうしても透明度を失い、モヤっとした印象をまといがち。
その人の個性にもよるが、少なくとも私自身は、「無地の服を着た方がすっきり清潔感が出る」と感じている。

そう気づいてからは、思い切って柄物の服を処分した。
気に入っている柄物を一部残して、無地の服だけのワードローブを構築している。

ただ、洋服がほとんど無地になると、今度はコーデ全体が「寂しい」印象になりがち。
ピアスやネックレスなどアクセサリーを足せば解決するのだが、その他に「小物」で柄物を添加する方法もおすすめだ。

どの「小物」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.