くらし情報『思い切って「派手色」を選ぶと垢抜ける。スカーフが主役のコーデ』

2019年5月27日 11:00

思い切って「派手色」を選ぶと垢抜ける。スカーフが主役のコーデ

■長持ちするスカーフは永遠のアイテム

目次

・長持ちするスカーフは永遠のアイテム
・スカーフ選びで大切なのは、柄より色
・赤いスカーフ
・緑のスカーフ
・黄色いスカーフ
・スカーフは「綺麗色」を選ぶと合わせやすい
Dsc 4017


20代のころから、ヨーロッパへ旅行する度に少しずつ買って大切に使ってきたエルメスの大判スカーフたち。一番古いもので30年前のもの。今でもすべて現役で使っている。

新品のときのパリッと張りがある肌触りもいいし、長年の使用でややくたっと柔らかくなった状態も、それはそれで好きだ。

■スカーフ選びで大切なのは、柄より色

スカーフを選び買う時の判断は「直観」。パッと見て「心に響いた色」を買う。特に柄は気にしない。

というのも私の場合、スカーフを広げて羽織るということは滅多になく、折り畳んでしまうことがほとんどなので、「柄」よりも「色」が重要だから。

手持ちのスカーフの中から、「赤」「緑」「黄色」の信号カラーが主役のコーデをそれぞれ考えてみた。

赤いスカーフ

「赤いスカーフなんてどうやって使えばいいのか悩む。難しそう……」と思われるかもしれないが、答えは簡単。同じ色のニットに合わせて馴染ませるだけ。

濃いインディゴブルーのワイドデニムパンツ+朱赤のニットに合わせてみたコーデ。

ニットとデニムの色が、スカーフに混ざる色とリンクしているのですんなり馴染む。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.