くらし情報『シンプルなサンダルは退屈! カラフルサンダルを夏コーデの主役に』

2019年7月27日 11:30

シンプルなサンダルは退屈! カラフルサンダルを夏コーデの主役に

■夏のサンダルはコーデの主役になるアイテム

夏の朝。コーデを考えるときは、まずその日履くサンダルを選ぶことから始めることが多い私。

その日の予定、どのくらい歩くか、何色が気分か。
その基準でチョイスし、それに合わせたトップスとボトムスを選ぶとコーデはスムーズに決まる。

目次

・夏のサンダルはコーデの主役になるアイテム
・シンプルなサンダルほど退屈なものはない
・サンダルが主役の夏コーデ
・サンダルはカラフルであればあるほどコーデしやすい
・サンダルで女の心意気を表す


■シンプルなサンダルほど退屈なものはない

Img 5512


夏のサンダル選び。私は「かかとが隠れる物」「カラフルな物」「デザインが凝っているもの」、この3点の基準で選んでいる。

「シンプルなサンダルほど退屈なものはない」と思っている私。
そして、黒など暗く沈んでしまう色よりも、カラフルな色のサンダルの方が実はコーデしやすい。

ただし、どんなデザインでもOKなわけではない。

「パンツに合わせてオフィスで履いてもセーフなデザイン」という縛りを自分で設けている。その基準に合格したものだけ。

■サンダルが主役の夏コーデ

Img 5519


持っているものの中で数少ない「かかとを覆わない」厚底サンダルは、FABIO RUSCONIのもの。滑らかなスエードが履いていて気持ちよく、リラックスできる。

かなりの厚底なのだが、この上質感のおかげで、カーキのベイカーパンツと合わせても大人っぽくまとまる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.