2011年9月2日 23:00|ウーマンエキサイト

いよいよ明日オープン!藤子・F・不二雄ミュージアム潜入レポート 第一弾 「見る」篇

斎木香奈美
ライター
斎木香奈美
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
9月3日は「ドラえもん」の誕生日。この記念すべき日に、神奈川県・川崎市に『川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム』がいよいよオープンします!

いよいよ明日オープン!藤子・F・不二雄ミュージアム潜入レポート 第一弾 「見る」篇
ここは、『ドラえもん』や『パーマン』でおなじみの藤子・F・不二雄さんの「SF-すこしふしぎ-」な世界が楽しめる、ママにイチオシのおでかけスポット。

「おうちスタイル」編集部では、一足先にお邪魔して、大人も子どももワクワクしてしまうミュージアムを体感してきました。親子で楽しめるオススメポイントを「見る」、「遊ぶ」、「食べる&買う」の3回に分けて、みなさんにご紹介していきます。

ミュージアムまでの時間もワクワク! 「送迎バス」
いよいよ明日オープン!藤子・F・不二雄ミュージアム潜入レポート 第一弾 「見る」篇
ミュージアムの最寄り駅は、小田急線・JR南武線の登戸駅。登戸駅生田緑地口からは、ミュージアム直行のシャトルバスが運行しています。料金は片道200円。バスは「ドラえもん」「パーマン」「オバケのQ太郎」「キテレツ大百科」をテーマにした全4台を用意。
いよいよ明日オープン!藤子・F・不二雄ミュージアム潜入レポート 第一弾 「見る」篇
つり革や降車ボタンが「ドラえもん」や「パーマン」だったりと、テンションの上がるキャラクターバスです。ミュージアムにつくまでに、どこにどんなキャラクターが使われているか、お子さんと一緒に探しながら乗るのも楽しそうです。

貴重な原画をじっくり楽しもう 「展示室Ⅰ」いよいよ明日オープン!藤子・F・不二雄ミュージアム潜入レポート 第一弾 「見る」篇
1階にある展示室Ⅰでは、貴重なカラー原画を展示。壁にかけてある原画は、ドラえもんの身長129.3cmにあわせているので、子どもが見やすい位置なのがうれしい。
いよいよ明日オープン!藤子・F・不二雄ミュージアム潜入レポート 第一弾 「見る」篇
また、展示台の引き出しをのぞくと、「パーマン」のコピーロボットなど作品ゆかりのアイテムが各所に隠れているので要チェックです。

いよいよ明日オープン!藤子・F・不二雄ミュージアム潜入レポート 第一弾 「見る」篇
ちなみに、エントランスでは音声ガイド「おはなしデンワ」を貸し出してくれます。子ども用はクイズにチャレンジできる特別仕様なので、ゲーム感覚で展示室を回れるのがポイント。

名作の第一話の原稿が展示されている 「展示室Ⅱ」いよいよ明日オープン!藤子・F・不二雄ミュージアム潜入レポート 第一弾 「見る」篇
2階の展示室Ⅱでは、企画展示を開催。「はじまり」をテーマにした、『ドラえもん』や『オバケのQ太郎』の第1話目の原稿などを展示しています。
いよいよ明日オープン!藤子・F・不二雄ミュージアム潜入レポート 第一弾 「見る」篇
“藤子不二雄”マニアにうれしい、藤子不二雄(A)先生とのコンビ時代の肉筆回覧誌もあるので、ママやパパが幼いころに読んでいたまんががどうやって誕生したのかがわかります。ちなみに、ここにはパーマンバッヂをデザインしたソファもあるので、座って展示をゆっくり眺めるのもオススメです。

藤子・F・不二雄先生の仕事場を再現! 「先生の部屋」いよいよ明日オープン!藤子・F・不二雄ミュージアム潜入レポート 第一弾 「見る」篇
展示室Ⅰと展示室Ⅱの間には、藤子・F・不二雄さんの仕事場を再現。愛用していた机の上には、お気に入りの恐竜のフィギュアや本が置かれている。
いよいよ明日オープン!藤子・F・不二雄ミュージアム潜入レポート 第一弾 「見る」篇
ここに来たら、ぜひ上を見上げてみて! 高さ8.5mの書棚には、先生の秘蔵コレクションがタワーのようにそびえ立ち、どんな本やグッズが置かれているか、じっくりと観察してみましょう。

ここでしか見れない短編映画を上映 「Fシアター」いよいよ明日オープン!藤子・F・不二雄ミュージアム潜入レポート 第一弾 「見る」篇
展示のあとはシアターへ。一度に100人が入ることができる広さで、ここでしか見ることのできない10分の短編オリジナルアニメーションを上映しています。上映時間はシアターの入口で教えてくれるので、見逃しのないように前もって確認しておくとスマートに動けます。

Mama’s Point!! ママに優しいポイントいよいよ明日オープン!藤子・F・不二雄ミュージアム潜入レポート 第一弾 「見る」篇
エントランス側には、コインロッカーとベビーカー置場を用意。おでかけに荷物が増えてしまうママは、大きな荷物やバギーをここで預けておけば、子どもものびのびと遊べるし、ゆったりとした気分で展示を楽しめます。

次回は「遊ぶ」をテーマに
オススメポイントを案内します。どうぞお楽しみに!
(c)Fujiko-Pro

※「オバケのQ太郎」は、藤子・F・不二雄、藤子不二雄(A)の共同著作物です。

『川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム』所在地 :神奈川県川崎市多摩区長尾2-8-1

開館時間:10:00~18:00

休館日 :毎週火曜日、年末年始(12月30日~1月3日)

入館料:大人・大学生1000円 高校・中学生700円 子ども(4歳以上)500円

※3歳以下は無料

チケットは日時予約制。

入館時間は10:00 /12:00 /14:00 / 16:00 の1日4回。

チケット購入方法全国のローソン各店で購入可能。

お問い合わせ:

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム お問い合わせダイヤル

Tel. 0570-055-245 (9:30~18:00)

取材/齋木 香奈美
斎木香奈美
斎木香奈美の更新通知を受けよう!
確認中
斎木香奈美
斎木香奈美の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
斎木香奈美
斎木香奈美の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
斎木香奈美
斎木香奈美をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
斎木香奈美
斎木香奈美の更新通知が届きます!
フォロー中
斎木香奈美
斎木香奈美の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.